FC2ブログ

≫ EDIT

八木由美子 うつわ展 vol.5

沖縄の工房で、毎日の暮らしを豊かにしてくれる器を
作り続けておられる八木由美子さん。

今展のテーマは、「コーディネート」

柄物のミニボウルや小皿、盛り皿と、
スタンダードな無地のお皿を組み合わせた食卓。

また、色違いや柄違いで選んでみたり。

洋服をコーディネートするように、
組み合わせて楽しんでいただける器が並びます。

もちろん、皆さまのお手元にある八木さんの器と、
組み合わせてお使いいただくことも、おすすめです。

ぜひ、手に取ってご覧ください。


八木由美子 うつわ展
とき 2019年11月29日(金)-12月11日(水)
open11 : 00-close17:00 木曜定休
ところ ティズクレイ

478 - コピー

| staff日誌 | 12:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

mais World heritage accessories展

11月15日(金)から、maisさんの世界遺産の
アクセサリー展を開催いたします。

世界遺産をモチーフにして
ひとつひとつの線をタガネで彫り、
糸鋸で切り、
やすりをかけて仕上げられています。

フランスのモンサンミッシェル、ロシアの聖ワシリイ大聖堂など
彫金の技法で作られる美しいブローチが並びます。

ぜひ、お出かけください。


mais 世界遺産のアクセサリー展  
とき 2019年11月15日(金)-11月27日(水)
open 11:00-close 17:00 木曜定休
ところ ティズクレイ
*maisさんの在店日 11月15日(金)・16日(土)

476 - コピー

| staff日誌 | 21:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

yumiko okuda wire plants  「un cadeau」

秋深まる11月、滋賀県大津市在住 奥田由味子さんの
2回めの個展を開催いたします。

自然豊かな滋賀を拠点に、植物を愉しむ暮らしの提案を
しておられる奥田さん。

ガーデンデザイナーとして、日々の暮らしの中で植物や草木と
ふれあう暮らしの提案をされたり・・・
ワイヤークラフト作家として、ワイヤーや木で作られた作品に
植物を組み合わせ、日常の生活に潤いをあたえたり・・・
と、さまざまな活動をしておられます。

今回の展示のタイトルは、「un cadeau」
冬が近づくと
贈りものをかんがえる時間がふえて
なんだか幸せな気持ちになる
だれかのために
じぶんのために
小さなおくりもの

という、言葉が寄せられています。

474 - コピー



また、11月4日(月・祝)には、昨年の展示会で
好評だった「フレーム花器」を作るワークショップも
開催してくださいます。

475 - コピー


五感をとおして植物を感じていただける
奥田さんの作品が並びます。

ぜひ、ご覧ください。


yumiko okuda wire plants 「un cadeau」
とき 2019年11月1日(金)-11月13日(水) 
open11:00-close17:00  木曜定休
ところ 'tis clay
・奥田さんの在店日 11月4日(月・祝)  

*wire piants  ワークショップ 「フレーム花器」
とき 11月4日(月・祝) 14:30-16:00
参加費 3500円+税(材料代込み)
持ってくるもの 持ち帰り用の袋

| staff日誌 | 16:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

江リコの絵 二日間の個展

「絵のある暮らし」をテーマに、描き続けておられる
江リコさん。

10月19日(土)と20日(日)の2日間だけの展示会を
開催いたします。

暮らしの中に潤いをあたえてくれる・・・。
飾ることが楽しくなる・・・。
心を豊かにしてくれる絵・・・。
江リコさんのココロと手から生まれる
作品が並びます。

ぜひ、ゆっくりとご覧になってみてください。


江リコの絵 二日間の個展 「絵のある暮らし」
とき 2019年10月19日(土)・20日(日)
open 11:00- close 17:00 木曜定休
ところ  ティズ クレイ
*両日とも、江リコさんが在店してくださいます。

473 - コピー

| staff日誌 | 13:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

白谷工房 寄木細工展

9月20日(金)から、「白谷工房 寄木細工展」を
開催いたします。

463.jpg


白谷工房さんの工房は、鳥取県日野郡日南町の山間にあります。
工房の名前は、「しろいたにこうぼう」と読みます。
白谷「しろいたに」集落にあるから・・・ということから
この名前を付けられたそうです。

そこで、使われなくなった保育園を工房として使用し、
寄木細工によるアクセサリーや生活雑貨、文房具を中心に、
家具なども製作しておられます。

465 - コピー

466 - コピー

467 - コピー


もともとは、大工さんだった白谷工房の中村さん。
地元の古民家からでる木材のすばらしさに触れるにつれ、
「これらの木材を生かすことができれば…」という思いが、
ふつふつと芽生え始めたのだそうです。

そんなときに出会った「寄木細工」
「寄木細工」なら、これらの材料各々の個性を生かして使うことができる。
そして、長い年月、大切にされてきた木材に、寄木という姿形で
新たな命を吹き込むことができる・・・。
そんな思いから、寄木細工作りを始められました。

「家」の中で、何十年・何百年という間はたらいた木材。
現場から、中村さんの工房に運ばれ、大切に保管されながら
出番を待っています。

472 - コピー

469 - コピー




470jpg - コピー




その木材から、寄木のパーツを作ります。
ひとつひとつ、色も木の目も、風合いも違うちいさなちいさな
パーツです。
張り合わせで、形を作ります。

471 - コピー


1枚目のDMに載っているようなヘアゴムやネックレスなどの小さなものから、
名刺入れや小箱などの文具や雑貨、
そして、下の画像のような美しい工藝品まで手がけられます。

468 - コピー


私たちの地元山陰で作られる美しい寄木細工です。
ぜひ、ご覧になってみてください。


白谷工房 寄木細工展
とき 2019年9月20日(金)~10月2日(水)
   11時ー17時  木曜定休
ところ ティズクレイ

| staff日誌 | 22:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT