| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

滝室窯  石田裕哉 陶展

9月に入り、ますます秋めいてきました。

9月15日(金)~開催する石田裕哉さんの
器展のお知らせです。

かろやかで美しいフォルム、
植物をモチーフにした繊細で瀟洒なレリーフ、
淡い黄、深い緑など、心に沁み込む色遣い・・・
そして、その器にお料理やお菓子をのせた時の
美しさと使いやすさ・・・

石田さんの作られる器は、日々の食卓に
豊かさを与えてくれます。

やさしく、穏やかな器が並びます。
ぜひ、手にとってご覧になってみてください。


滝室窯 石田裕哉 陶展
とき   9月15日(金)~10月4日(水)
ところ  ティズ クレイ

159.png

| staff日誌 | 20:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小野眞佐子さんの手織りの仕事 ノッティング織り椅子敷き展


朝夕の風に、秋らしさを感じるようになりました。
家の中も、少しずつ次の季節にあわせて
かえはじめたくなります。

9月1日(金)から始まる小野眞佐子さんの展示の
お知らせです。

小野さんの織られるノッティング織り(椅子敷き)は、
毛足はふんわり、しっかりとしていて、座り心地が
とても良い椅子敷きです。

しっかりと糸を結び、織りあげられているので、
長く長く、お使いいただけます。

そして、形と色とデザインの美しさは、
日々の暮らしに彩りをあたえてくれます。


今回は、定番の四角、少し小ぶりのもの、丸いもの
そして、さまざまなモダンな柄の椅子敷きが届きます。

丁寧に作られた手仕事の椅子敷きは、
使い手とともに年を重ね、暮らしにとけこみ、
その変化を愛でていただけます。

秋のはじまり・・・
小野さんの美しい椅子敷きが、クレイの店内に
並びます。

ぜひ、お気に入りのひとつを見つけに
お出かけください。


<おの工房 小野眞佐子 略歴>
倉敷民藝館初代館長外村吉之介先生・清子先生より
染織を学ぶ
倉敷民藝館付属工藝研究所卒



手織りの仕事ー小野眞佐子
ノッティング織り椅子敷き展

とき  2017年9月1日(金)~13日(水)
ところ  ティズ・クレイ

*小野眞佐子さんの在店日
9月1日(金)、2日(土)




146.jpg

| staff日誌 | 18:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「奈良の貝ボタンとバスハーブ」展


7月29日(土)~「奈良の貝ボタンとバスハーブ」展を
開催いたします

148.png



海のない奈良県で貝ボタン・・・と、ちょっと不思議な
感じがされるかもしれませんが、奈良の貝ボタンは、
全国一の生産量を誇ります。

4NOVさんは、アコヤ貝や黒蝶貝、白蝶貝、茶蝶貝、淡水貝などなど
さまざまな貝をくりぬき、削り、磨いて・・・という工程を
幾度となく繰り返して、貝ボタンを作っておられます。

157.jpg




今回はかわいいボタンいろいろ、ボタンのブローチや
ピアスなどのアクセサリーなど、
4NOVさんの貝ボタン仕事をご覧いただけます。
(鳳凰の刺繍のハンカチは、現在開催中の音の絵さんのものです)

151.png



そして、もうひとつ・・・。
奈良のチアフルさんの、日本古来の植物の力を感じるバスハーブ。

人の手が加わり過ぎない自然に近いもの・・・。
そんな自然の中にある植物の力を、現代の私たちの暮らしに
新しいかたちで活かすことができれば・・・。
そんな思いが原点で、植物や果実を摘み、乾燥させ、ふくろに詰めて
ひとつひとつバスハーブを作っておられます。

日本古来の植物の恵みが、わたしたちにじわじわと染み入り、
疲れた心とからだに調和をもたらしますように・・・
という思いがこもっています。


「奈良吉野の大地で育った清々しいひのき」、
「なら大和高原の実生ゆずと吉野平原地区で育てたレモングラス」、
「深吉野の清らかな水と空気の元育てた万能な薬草よもぎと元気や
美しさを取り戻すとされる奈良原産大和当帰の葉」、
の3種類のバスハーブが並びます。

153.png


155.png


奈良のすてきなものが並びます。
ぜひお出かけください。


「奈良の貝ボタンとバスハーブ」展
とき 7月29日(土)~8月16日(水)
ところ ティズ・クレイ

| staff日誌 | 19:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンパニオさんの桃の販売いたします。


一昨年、昨年と、毎回販売するたびに好評の
カンパニオさんの桃「なつごころ」

みずみずしくて、桃の風味が豊かで、
清らかな甘さ・・。
とってもおいしい桃です。

132.png

「みなさんに、安心して桃を食べていただきたい…」という思いから、
カンパニオさんは、減農薬・除草剤不使用の草生栽培に
取り組んでおられます。

そして、ご夫婦で力を合わせ、手と心をかけて
大切に桃を育てておられます。

そんなカンパニオさんから、今年も
おいしい桃「なつごころ」が届きます。

7月22日(土)の13時から販売いたします。
ぜひ、お召し上がりになってみてください。

カンパニオさんの桃「なつごころ」の販売日
とき 7月22日(土)13時~
ところ ティズ・クレイ店内にて

134.png

| staff日誌 | 23:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

音の絵オリジナルレース生地&小物展

西日本に1台だけになったレース織機が、岡山県赤磐市に
あります。
音の絵さんは、この織り機を使って、オリジナルの生地作りに
取り組んでおられます。


140.jpg

142.jpg

昨年キラリの取材に伺わせていただいた後、
岡山の桃畑をデザインした「ぼぁーんぼぁーん」という名前の付いた
刺繍生地をメインにして、音の絵さんに展示をしていただきました。


今回は、心が広がりそうな新柄の星めぐりの旅、
白地にブルーの花が美しい雨の花、
清楚な祈りなど、初めてご覧いただく生地を中心に
いろんなサイズのポーチやバッグ、ヘアゴム、がま口、
コースターやマットなどの小物。
ブラウスやスカート、エプロンなどが並びます。


136.png

138.png


昨年好評のぼぁーんぼぁーんや吾亦紅の生地を使った
小物たちも、鍋つかみやハンカチ、風呂敷やマスキングテープなど
違うアイテムと色合いのものが並びます。

また、29日(土曜日)は、音の絵代表の間野菜々江さんが
在店しながら、生地をお好みの長さで切り売りしてくださいます。

岡山生まれの美しいレースの刺繍生地を見に、
ぜひお出かけください。

「音の絵オリジナルレース生地&小物展」
とき 7月22日(土)~8月9日(水)
ところ ティズ クレイ

*音の絵代表間野菜々江さんの在店日と生地の
はかり売りの日 
7月29日(土)

*ぼぁーんぼぁーんの生地は、イラストレーター
大神慶子さんのデザインです。
大神さんの「keikooogami my WORKS 巡回展」も
クレイ店内にて同時開催中です。
こちらも、ぜひご覧になってみてください。

| staff日誌 | 18:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT