PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ぬのもの やきもの、ふたりの仕事

11月8日(金曜日)から、「ぬのもの やきもの、ふたりの仕事」展が始まりました。

長野県在住の染織の中村摂子さんと陶器の及川恵理子さんの
待ちに待った企画展です。


染織の中村さんは出西織の多々納桂子さんのもとで、
陶器の及川恵理子さんは森山窯さんのもとで、
それぞれの道を学ばれました。

島根県で学ばれたおふたりの、作品展です。


店内には、美しい織物と器が佇んでいます。


ふたり022


ふたり026


今回の企画展にあわせて、中村さんも及川さんも、時間をかけて、
丁寧にたくさんの作品を準備してくださいました。

おふたりの作品を、これほどの内容でみさせていただけることは、
極めて少ない貴重な機会です。

期間中、何回かに分けて、作品を紹介させていただきたいと思います。



及川さんのころんとしたネズとゴスのカフェオレボウル
中村さんの藍と桜で染めた糸で織られたテーブルセンター

ふたり020



中村さんのほどよい大きさのあずま袋
左は糸を柿渋で、右は藍と刈安で染めたもの
そのまま手提げとして使うのもすてきですが、夏はかごの中に入れて
使うのもすてきです。
スタッフも、「欲しいなぁ・・・」と眺めています。

ふたり010


及川さんのゴス、テツ、ネズのふたもの
中に入っているジャム用スプーンは、長野の大久保ハウス木工舎さんが作られたもの

ふたり003

おふたりの作品を見に、ぜひお出かけください。

| staff日誌 | 18:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT