PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ぬのもの やきもの、ふたりの仕事 その3


昨日に続き、今日もとっても寒い一日になりました。
足元が悪い中、お出かけいただいたお客さま、
ありがとうございました。

今日は、中村摂子さんの作品を紹介いたします。
ひとつめは、自然な風合いがすてきな綿のマフラー。
撚りの少し強い手紡ぎの綿の糸を機械で編み上げたニットです。
はしっこがくるくると巻いていて、とってもかわいいです。
生成の色は、ふんわりとした印象です。

ふたり3 002



こちらは、茶棉で編んだもの。
深みのある色合いです。

ふたり3 007



いろんな織地を縫い合わせて作ったティッシュケースカバー。
かばんの中から、こんなティッシュケースがすっとでてくる・・・。
すてきな光景です。

ふたり3 112



倉敷本染手織研究所仕込みのノッティング(椅子敷き)
色と柄の美しさはもちろんですが、
丈夫で長くお使いいただけます。

ふたり3 116


柔らかく、とっても肌触りがいいです。

ふたり3 113


毎日の暮らしの中で、食事をするとき、仕事をするとき、
くつろぐとき・・・。
いろんな場面で、座ることの多い現代の生活。
座り心地のよいお気に入りの椅子と
椅子敷きで、暮らしを楽しみたいものです。

ふたり3 120


この企画展のために、5種類のノッティングを
持ってきてくださいました。

ぜひ一度、手で触れて、その質感を感じてみてください。

| staff日誌 | 01:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT