PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

心待ちなこと。安部さんの企画展です。

9月になりました。
この季節、私には心待ちなことがあります。

先日ご案内をした、安部太一さんの作品展です。

今という時の中で作られたはずなのに、
その作品を見つめていると、
いつの時代に、どこの国で作られたのか
そんなことにとらわれない普遍的な美しさを感じます。


下は、今回の作品から・・・
燭台、ピッチャー、花器、瓶・・・
そして、掛け分けのプレート

2014 0904 004


燭台を初めて美しいな…と感じたのは、
安部さんの白の燭台を見たときでした。
そこにあるだけで、場の空気が静かに穏やかに
流れていきます。


安部さんのコンポート
そのままでも絵になりますが、季節の果物をのせると、
美しさがきわだちます。
大好きなアイテムです。

2014 0904 001

安部さんの器に触れていると、
日々の暮らしの中にあることを、
もう少し丁寧に、大切に過ごしていきたい・・・
という気持ちになります。

美しい暮らし・・・
心地よい暮らし・・・
たいせつな人たちと・・・
ひとつずつ・・・

安部さんの作品展は、9月12日(金)から
始まります。

ぜひお出かけください。

| staff日誌 | 00:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT