PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今回の安部さんの器

安部さんの作品展が始まって、1週間がたちました。

今日は、今回届いた作品の中から、
数点をご紹介したいと思います。

下の写真の、掛け分けの器は、
初めて届いたものです。

搬入の日に、見せていただいた時に、
ぱっと目に飛び込んできました。

落ちついた色が重なり合って、
1枚の中に、さまざまな表情が見える器です。

食べものをどのように盛るかで、
いろいろな見え方にかわります・・・

2014 0918 048

もちろん、1枚1枚それぞれも異なる表情・・・。
おなじものは、1枚としてありません。

その偶然であり、必然でもある仕上がりに、
なんともいえない魅力を感じます。


近くで見ていただくと、こんな感じです。
この掛け分けの器を見られるお客さまは、
1枚1枚の違いを、丁寧に真剣に見てくださっている方が
多いです。


2014 0918 074


そして、毎年人気のあるコンポートも
たくさん届けてくださいました。

青、白、濃い茶・・・。
たっぷりとしたもの、小ぶりなもの
輪花のかたち、まるみのあるもの
同じ色合いでも、釉薬の表情がちがうもの・・・

季節の果物を盛って、おいしいお菓子をのせて、
お気に入りのパンをのせて・・・。

台所のカウンターの上で、
食卓の上で・・・。

どんなふうに使おうか、わくわくします。

2014 0918 068

掛け分けの器とコンポート、
ぜひご覧になってみてください。

| staff日誌 | 00:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT