PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小関康子さんの器

10月31日(金)から始まった、小関康子さんの器展。

11月1日(土)と2日(日)の2日間は、小関さんが在店してくださいました。
小関さんが米子に来てくださるのは、今回が初めてのこと。
早朝の新幹線とやくもを乗り継いで、お出かけくださいました。

とってもていねいに、お客さまおひとりおひとりの質問に
お答えいただいたり、説明をしてくださったり・・・。
またたくまに、時間が過ぎて行きました。
おでかけくださったみなさま、ありがとうございました。

今日から何回かに分けて、小関さんの器をご覧いただきたいと思います。

ふちに象嵌のほどこされた、八角形の大皿。
このお皿に目を止められるお客さまは、
「食べものが、とっても美味しく見えそうな器ですね・・・。
きれいですね。」とおっしゃってくださいます。

2014 1103 024




モダンなポット、マグカップ、ソーサー。
小関さんのポットは、毎回人気のひと品です。
今回は、こんなモダンなポットが届きました。

2014 1103 017



蓋のつまみには、アクセントの釉薬。
そのまわりには、象嵌。

2014 1103 021


ポットの下部にも、象嵌が施されています。

2014 1103 025



カップ&ソーサーは、実はマグカップとプレートを
組み合わせたものです。
組み合わせてカップ&ソーサーとしてもお使いいただけますし、
それぞれをマグカップとプレートとして、
気軽にお使いいただくこともできます。

1枚のお皿が、プレートとしてもソーサーとしても使えるって、
うれしいですよね。

2014 1103 044



もちろんマグカップの飲み口にも、
象嵌が施されています。

2014 1103 018


見れば見るほど、手に取るたびに
惹きこまれていく小関さんの器です。

ぜひ、店頭でご覧になってみてください。

| staff日誌 | 18:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT